【食事】山の茶屋 楽水

こんにちは。

今日は沖縄本島南部の南城市玉城にある「山の茶屋 楽水」さんへ行って来ました。

このお店はたびたびTVで紹介されている「浜辺の茶屋」さんの系列店のようです。

 因みに浜辺の茶屋からは徒歩5分位の距離です。

 新原(ミーバル)ビーチの近くですね。

 

f:id:Suzukun:20170924213348j:plain

 上がメニューです。

f:id:Suzukun:20170924213611j:plain

看板を見つけて店舗にはいろうとすると・・

f:id:Suzukun:20170924214118j:plain

階段になっています。先にはまだ店舗らしきものは見えません(汗)

 9月後半といえ、沖縄はまだ日中は30度をこえる真夏日です。

 階段を見ただけで暑い(笑)

 因みに階段の入り口には杖も用意されていました。

 左側の石垣は城(グスク)址の壁みたいですね。

f:id:Suzukun:20170924214518j:plain

店舗入り口につきました。

 階段入り口から店舗までは建物3階分位は上ったと思います。

 まるで森の中に来たようでちょっと別世界です。

f:id:Suzukun:20170924214705j:plain

店舗の中です。木造の建物に一部石でできた壁がありました。

f:id:Suzukun:20170924214902j:plain

同じく店舗内。おしゃれで落ち着いた中に沖縄を感じます。

f:id:Suzukun:20170924215023j:plain

注文した「さちばるピザ」です。

 特徴としてはパイナップルが入っていて、フーチバー(よもぎ)も入っています。

 沖縄ではソーキ汁や沖縄そばに入れて食べるメジャーなフーチバーですが

 癖があるので苦手な方もいるのでは?

 私も苦手なのでそこだけ旦那に食べてもらいました。

 大きさもそこそこあり、フーチバー以外の部分はおいしかったです。

 (旦那はフーチバー含めておいしかったといってましたよ。)

 

f:id:Suzukun:20170924215534j:plain

注文したもう1品、バジル冷麺です。

 子供が混ぜてしまったので盛り付けが変わってしまってますが・・

 海ぶどうスターフルーツが入っていました。

 たれはごまだれでした。野菜が多く、なかなかおいしかったですよ。

 注文したのは2品でしたが、沖縄の薬膳料理風にアレンジされた料理なのかな

 という印象です。

f:id:Suzukun:20170924215936j:plain

店舗からの眺め。

 干潮なので潮だまりがでてますね。写ってませんが写真左側に「浜辺の茶屋」、

「新原ビーチ」があります。

f:id:Suzukun:20170924220153j:plain

店舗を下って右に行くと海岸に出られます。店舗から徒歩3分です。

 

  空港から車で約40分位です。沖縄本島南部にお出かけの際は

  一度訪れてみてはいかかですか?

  時間がゆったりと流れていますよ!

詳しくはこちら

http://yama.hamabenochaya.com/

 

 

 

大里城址公園

今回は南城市にある大里城址公園に行って来ました。

 城址公園といっても今回は城址ではなく、隣接している公園(遊具あり)のみに

 行きましたので城址の記事はありません。・・

  

 車で行く途中、道案内の表示などが少なく、2回ほど迷いましたが

何とか辿りつきました。

 初めて行く方はナビがあれば使ったほうがよさそうです。

 道中目印になるもの少なく、なかなか大変でした。f:id:Suzukun:20170918232802j:plain

公園入口には案内板があり、細い道を上っていくと急に開けた場所にでて

 写真のような風景が広がっていました。気持ちいい!

 わかりにくいですが、奥に写っているのは海です。

 

園内には無料駐車場があり、十分な台数が止められます。

 

 写真に旗が写ってますが、パークゴルフ場があり、皆さん楽しんでいました。

 

さて、遊具のある公園側の写真です。

f:id:Suzukun:20170918232728j:plain

広めの敷地に写真のような大きめの遊具があります。

 人が多く写真を撮れませんでしたが、ブランコもあります。

f:id:Suzukun:20170918232652j:plain

遊具を撮影した場所からパークゴルフ場側をとった写真です。

 

 祝日の昼間でしたが人も少なく、子供も思い切り遊んでました。

 午後2時から1時間半ほど遊んで満足したようです。

写真中央奥の赤い屋根の建物にトイレ、自販機があります。遊具から建物まで

 車で移動できます。

 公園自体比較的新しく、トイレもきれいでした。

 

 公園内にペットの散歩禁止の表示があったのでワンちゃんを連れてくるのは

 NGのようです。

 

  子供は大満足でした。

  今回はここまで! 御覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊崎美らSUNビーチ

  こんにちは。今回は豊見城市豊崎にある豊崎美らSUNビーチ

 ご紹介します。

 

 空港から約15分位の所にあり、那覇からも比較的近いです。

 自宅から近いのでよく利用しています。

f:id:Suzukun:20170514182114j:plain

 

 ビーチ施設全体が島のようになっていて

ここが車の唯一の出入り口です。

 

f:id:Suzukun:20170514182404j:plain

 

正面入り口から入って右側の駐車場の写真です。

駐車場は無料で800台収容だそうです。閉門は22時なので

 ゆっくりできますね。

 

f:id:Suzukun:20170514182607j:plain

 駐車場とビーチの間にある芝生エリアです。

前日の雨で濡れていたため人が少ないですが、普段はサッカーやキャッチボールを

している家族が多いです。

 

f:id:Suzukun:20170514182808j:plain

 砂浜は2面あり、こちらは遊泳できないほうの砂浜です。

写真ではわかりずらいですが、遠くに慶良間諸島がみえます。

夕方になると海に沈む夕日がすごくきれいです。

 

f:id:Suzukun:20170514183112j:plain

 

 水路を挟んで左側がビーチの敷地です。敷地の外も整備されていて

散歩するのが気持ちいいです。

 ジョギングや犬の散歩をしている方が結構いました。

 

シャワーやロッカーも完備しており、敷地内にレストランやパーラーもあります。

遊泳しなくても夕日を見るだけで一見の価値ありです。

 

http://churasun-beach.com/ ←豊崎美らSUNビーチ公式HP

 

また、車で2,3分位の所ににアウトレットモールあしびなー、TOMITON(複合商業施設)、ヤマダ電機ニトリ、豊崎道の駅がありますので買い物のついでにも

いいかもしれません。

TOMITON内に沖縄そば博があり、いろんなお店のそばを食べられます。

 ほかにファーストフードのA&W(アメリカ系列の店)、蔵ずし、ラーメン屋、

パスタ屋もありますので食事にも困りませんね。

 

http://www.tomiton.jp/ ←TOMITON公式HP

 

 南部へ行ったついでにでも立ち寄ってみては?

 

 

 

 

 

 

ホテルの会計、経理 配賦について

こんにちは。

 

今回は配賦について書きたいと思います。

ここからは完全に旦那の分野なので聞きながら(ほぼ聞いただけ?)書いてます。

 配賦にはいろいろ種類があって(あるようです・・)

 全体の費用(総務系の福利厚生費など)を配賦しているところもあるようですね。

  

 配賦といっても階層ごとに分かれているようですが、今回は売上割合

 を基準にしますので順不同で行きたいと思います。

 (経費の配賦なので、原価や費用ベースの場合は配賦の順序を毎回統一する

  必要がありそうです。)

 

①ベーカリー部門の配賦

 宴会部門やレストラン、ラウンジなどにパンやケーキを提供している部門です。

 宴会部門やレストランなどをの損益を個別に見る場合、パンやケーキの売上も

 入っているはずなので、パンやケーキの原価や人件費も入れてあげないと

 いけないですよね。

  そこで宴会場やレストランなどにベーカリーの原価や人件費を入れるのですが

 どこにどれだけ原価や人件費を使ったか管理するのは大変ですので

 宴会やレストランの料理売上割合で配賦します。

 

 例 〇月 宴会料理売上(洋食のみ)      8,000万円(80%)

   〇月 洋食レストラン料理売上      1,000万円   (10%)

   〇月 和食レストランの洋食料理売上      500万円     (5%)

   〇月 ラウンジ料理売上          500万円  (5%)

 

     売上の右側に記載している割合でベーカリーにかかった費用を配賦します。

  

②料飲事務職費用の配賦

 料飲全体の管理職や事務職なら料飲全体の売上で

 レストランだけの管理職や事務職ならその売上割合でそれぞれ配賦します。

 

③調理の事務職

 料飲全体の料理売上の割合で配賦します。

 

経理システムに配賦機能がある場合は初めに設定してあげれば

自動で配賦できそうですね。

 

 因みに総務部門の厚生費などは人数で全体に配賦していたそうです。

 

    今回は以上です。  

         

 

 

沖縄の公園

こんにちは。

 

今回は空港から近い豊見城市の「しおさい公園」をご紹介します。

f:id:Suzukun:20170506102755j:plain

 

この公園は空港からだと15分位の所にあります。

 遊具は滑り台、うんていがあり、幼児(3歳位まで)用とそれ以上の子供用がありますが、写真のように2017年5月現在、大きい子供用の遊具は使用禁止になっています。

 

 この公園の特徴は

 ①広い芝生エリアがある事

  家族でサッカーやバレーボールをしている方が多いですね。

  海に隣接しているので犬の散歩にも最適だと思います。

 

 ②他の公園に比べて人が少なめ

  道の行き止まりにあり、公園に隣接している道路はほぼ公園利用者か

  釣りをしに来ている方のみが通行しています。

  また、道路から見えにくいので人が少なめです。

 

 ③飛行機が間近に見える

  風向きによって離陸か着陸かのどちらかを見れます

  空港に近いのでかなり迫力がありますよ。

  (写真では遠くに見えますが実際はかなり近く感じます。)

 

 

f:id:Suzukun:20170506105645j:plain

 

 因みに釣りをしている方が多く、どんな魚が釣れるのか聞いてみると、タマン

 (和名はフエフキダイ)やガーラ(和名はロウニンアジ)を狙っているそうです。

  秋口にはキスも釣れるようです。沖縄のキスは3種類いてモトギスと

  ホシギス、トラギスがいるようです。

  本土のシロギスよりも大きいそうですよ。(味はわかりませんが・・)

f:id:Suzukun:20170506105147j:plain

 

 瀬長島もきれいに見えますね。

 お子さんを連れて海沿いでゆっくりしたい方にお勧めです。  

 

 

 

沖縄の披露宴事情

沖縄の披露宴は本土とは違うことも多く、独特の習慣があります。

今回は沖縄の披露宴について書きたいと思います。

 

①沖縄の披露宴では新郎新婦と両親、親族が上座に座る

 本土の多くの披露宴では新郎新婦と両親、親族は下座で招待客が上座に来る場合が

 主だと思います。

  なぜ沖縄では逆なのか?

  一説では沖縄ではもともと部落(本土では集落という言葉を使い、部落はあまり使わないですね)の人たちが若い夫婦の誕生を祝おうと新郎新婦を招いて宴を行っていた

のが一般的で、今でもその風習が残り、招かれる側が新郎新婦と両親、親族なので

上座となっているようです。

 もちろん、今では新郎新婦が披露宴を企画し、招待状を出し、親族、友人知人を招くのが一般的です。席の配置だけが昔のままのようです。

 

②招待客が多い

 沖縄の披露宴では250人から400人規模が多いです。

 本土なら芸能人並みですね。

 上記①の風習が残っているのか、親戚はもとより近所の方や両親の友人、知人まで

 招待します。

 

③余興が本格的

 これも①の名残だと思いますがとにかくお祭りのようです。

 私も友人の余興の練習のために2か月前から週1のペースで練習というのも

 何回か体験しました。

 新郎側の余興ではちょっと下品?なものも普通に行われています。

 

④出席に際して服装は?

 沖縄でのビジネスシーンではかりゆしウェアがすでに浸透していますが

 披露宴では男性はスーツ、女性はドレスが多いです。

 かりゆしウェアで参加される方もいらっしゃいますが少数ですね。

 

⑤お祝儀の相場は

 地域によっても違うと思いますが、那覇での一般的な披露宴の場合

 近い親戚や会社の上司(かなり上の方)方は3万円、その他は1万円が

 普通ではないでしょうか。

 本土と比べるとかなり安いですね。これも上記①が関係しているようです。

 

⑥かぎやで風で始まり、カチャーシーで終わる

 新郎新婦の入場、紹介の後はかぎやで風という沖縄のおめでたいときの舞踊

 ではじまるのが一般的です。

 また、最後はカチャーシーという、こちらもおめでたいときの定番の踊り

 で締めます。新郎新婦が最初に舞台上で踊って、出席者も参加するのが

 一般的です。

 

 本土の披露宴とはかなり雰囲気も違うので機会があればぜひ参加してみて

 披露宴を楽しんで下さいね。

 

ホテルの会計 宿泊領収書合計と実収入の違い

今回は宿泊で領収書の合計額と実際の収入の違いについて説明します。

 

前回書いた通り、1泊朝食付などのプランがある場合、チェックアウト時に

発行する領収書(ビル)には朝食代は記載されていません。

 宿泊収入と朝食代の内訳はホテルの都合で変更されるからです。

(宿泊者が実際支払う額は変わりません。)

  私も初め、なぜ領収書と実際の宿泊収入の額が違うのかわからなかったのですが

 あくまで宿泊代に付随するサービスという位置づけのようです。

(実際は違うのですが・・・)

 フロント会計はホテル内各施設の清算を一手に賄う役割もありますので

 中身はかなり複雑ですね。

  今回は以上です。