ホテルの会計、経理 食事付宿泊について

ホテルを予約する際、1泊朝食付や1泊夕食付などのプランがあります。

この場合、朝食代や夕食代の会計処理はどうなっているのでしょうか?

 

1泊朝食付き 宿泊者1人 金額12,960円(税込み)

 を例に

 フロント側、レストラン側両方から見ていきたいと思います。

まず、12,960円の中身を確認します。

 朝食は 2,160円(税込み)宿泊代は10,800円(税込み)とします。

4月1日にチェックインした場合、10,800円はフロントの売上になります。

 残りの2,160円は預り金勘定(食券預り金など)

 になります。

  フロント側仕訳

4月1日

  借方         貸方

 滞在客勘定 12,960/ 宿泊収入      9,091

                                         サービス料収入   909

            預り消費税                800

                                          朝食預り金    2,160

となります。

         

4月2日朝食を食べたら

  借方

 朝食預り金   2,160/  料理収入     1,818

                    サービス料収入 182    

                                                    預り消費税  160

となり、朝食預かり金が消えます。

2泊、3泊と増えていくと預り金がその分だけ残ることになりますね。

 私が働いていたホテルでは朝食をとらない方(余った朝食預り金)

 は月末に翌日の朝食代を除き雑収入にしていたそうです。

 (厳密には何泊かする方もいますが、毎月食事付でも食事をとらない方が

  いるので必ず余るそうです。)

 

 次回は滞在客勘定について書きたいと思います。