読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホテルの会計、経理 滞在客勘定について

今日は滞在客勘定について書きたいと思います。

 

宿泊業の場合、1泊でも3泊でも基本は1日ごとに売上を計上します。

しかし、支払いはチェックアウト時だったり、売掛だったりと

売上の計上日と支払い日がずれていますね。

そのずれを埋めるのが滞在客勘定です。

 

 例:1泊素泊まり(食事無し)10,800円 チェックアウト時払い

 

宿泊の場合、通常売上は夜間バッチ時に計上されますが、

支払いは翌日になりますので、夜間バッチ時の仕訳は

 

  借方                                  貸方

滞在客勘定 10,800  /  宿泊収入    9,091

            サービス料収入    909

                                           預かり消費税   800

 

となり、翌日のチェックアウト時には

 

  借方        貸方

現金  10,800  /  滞在客勘定  10,800

 

となります。

 これが毎日続きますので、累計でみます。

 

 次回はチェックアウト時の領収書(ビル)と実際の宿泊収入の差異について

 書きたいと思います。